みずほ銀行カードローン審査でチェックされる信用情報とは

みずほ銀行カードローンの審査では、申込者の信用情報が重要視されます。
信用情報とは、他社からの借入れ状況のことを指します。
他のカードローンやキャッシングでの借入れはあるか、クレジットカードの利用履歴などが対象です。
借入れ件数が多ければ多重債務者と見なされますし、借入れ金額が多いと返済能力の面で信用は少し落ちてしまいます。
また、他社からの借入れに対して、返済の遅れがあると信用はグッと落ちてしまいます。
返済遅れが何回もある、現在、返済が滞っているという場合は、不良顧客と見られてしまうのです。
特に、申し込み時点から過去3ヶ月の情報は重要視されます。
こうした信用情報はネットワーク化されており、複数の信販会社や消費者金融でシェアされています。
申込時に、他者からの借入れ件数や金額、支払中のローンの有無などを記入しますが、この時に審査に通りやすいようにと虚偽の申告をしても、こうしたネットワークがあるのですぐにわかってしまいます。
虚偽の申告をすればそれだけ信用が落ちますから、借入れやローンがあるのでしたら素直に記入するのが一番です。